2018年7月15日

清冽なアンビエント・ミュージックに身をまかせ ~A Little Long Day By Rhucle~


青く澄んだ美しい水のような、もしくはその美しい水が流れる川を見ている気持ちにさせるような……、そんなアンビエントが並んだ作品。作者はRhucleと書いて、ルクと読む、日本人クリエイターです。

全11曲、約61分間、ほぼ同じテイストの曲が続いていきます。とはいえ、飽きるなんことはまったくありません。聴き始めたら、この清冽な音よ、いつまでも続いてくれ……、と思うことでしょう。

曲が切り替わることを意識することもなく、ふと気付いたら最初の曲に戻っていたという感覚を覚えます。では、美しい音の流れに流されましょうか。



2018年7月8日

この美しいダブと共に夢の中へ ~Captain Ganja and the Space Patrol By Tradition~


夢見心地の世界が、幻想的な世界が、目の前に広がっていく美しいダブ。いい夢を見れそうです。エレピやサックスの音がホワンホワンと浮遊し、エレキギターや打楽器の音が飛び交い、これらの音と重いドラムの音を繋ぎ合わせるようにベースが鳴る……。そんな作りの曲が並んでいます。

イギリスのラヴァーズ・ロック・バンドであるトラディションが1980年にリリースした作品。ヴォーカルものをダブ・ミックスしたもののようです。自然の音や人の声などのSEを多く使っていて、バレアリックっぽい雰囲気や南国のあたたかい風を感じる瞬間もあります。

そしてラヴァーズ・ロックらしい甘さが残されているところが、この作品を特別なものにしているのか? と、思いました。音の重さや強靭さ、強度を追求するダブとはまた違ったダブの魅力がここにはあります。

ディスクユニオン下北沢店でこの作品のCDを見たときに下の文章が添えられていました。下の文章を読んだら、聴かないわけにはいかないでしょう!

断言します。これ以上素晴らしいUK産のダブは存在しません。
断言します。これ以上独創的なダブはレゲエの歴史の中でも存在しません。
断言します。80年代に作られたあらゆるレコードの中で最も美しい作品です。



2018年7月4日

ブルースを歌うようにラップを…… ~I Still Don't Know Anything By albert b.~


まぎれもなくヒップホップなのだけれど、どこかにうっすらとブルースの風合いが……。と、こう思わせるのはかっちりとしていなければ、力んでいもいないラフな、ブルースマンが言葉をつむいでいくような、そんなスタイルのラップにあるように思います。

そのラップはalbert b.(何と読むのでしょうか?)と名乗るアメリカのMCによるもの。クラシカルなブルースやジャズの雰囲気をまとった、しんみりとした空気を漂わせるトラックも自身で手掛けていると思われます。

派手なメインストリームの世界から目をそむけたかのような、クールな作りのヒップホップ・アルバム。この作品にあるクールな美しさ……。これは郊外でひっそりと美しく輝く光とでもいったとことでしょうか。



2018年7月1日

ヒップホップからアンビエントを繋ぐ心地よいビート・ミュージック ~Breeze And Its Recipes By Flitz & Suppe~


ゆったりとたゆたうビートとピアノ、ギターが織りなす心地よい世界……。おぼれましょう、この世界に。良質なアンビエントに通じる心地よい音を持ったインストゥルメンタル・ヒップホップ、ブレイクビーツ、ダウンテンポといった趣の音楽を展開する、ドイツのFlitz & Suppeなるデュオによる作品です。

あくまでも軸はヒップホップ。ヒップホップからアンビエントへアプローチした音楽といったところでしょうか。これを聴き終わったときに感じるさわやかな心地よさ……。これがもうたまりません。この感覚を求めて再生ボタンを押しましょう。



2018年6月16日

休日に聴くニューエイジ、アンビンエント、エレクトロニカ ~Villa Tereze By 王舟 & BIOMAN~


つま弾かれるアコースティック・ギターの音、ファニーに響くシンセサイザーの音、ふんわりと浮き上がるスティール・パンの音……。これらの音はおだやかなやわらかい風に乗って運ばれてくるかのよう。エキゾティックな雰囲気を漂わせる、南国に吹くあたたかい風のような音楽です。

そんな音楽を展開するこの作品は、上海生まれ日本育ちのクリエイターである王舟(オウシュウ)と、neco眠るのシンセサイザ兼パーカッション担当のバイオマンの共作によるもの。ニューエイジ、アンビエント、エレクトロニカといったあたりにカテゴライズされる音楽が並んでいます。

ここにあるおだやかさ、心地よさはよく晴れた休日の午後を思わせます。休日に聴きましょう。いい休日になりそうな気がしてきます。